施設のご案内

柳津西山地熱発電所

PR館

福島

地熱発電所

進むほどにどんどん深まる"熱"への興味!

柳津西山地熱発電所PR館は熱ミュージアム。熱は一体どこからくるのか、どんな仕事をするか、"スチーム君"と"博士"を案内役に熱に関するさまざまな不思議を遊びながら学べる施設です。

柳津西山地熱発電所

リーフレット(PDF)

お知らせ

柳津西山地熱発電所/柳津西山地熱発電所PR館ご見学に係る担当窓口の変更について

当社グループ組織再編における地熱発電事業の移管に伴い、2024年7月1日より、柳津西山地熱発電所および柳津西山地熱発電所PR館は東北自然エネルギー株式会社の所有となります。
これにより、下記のとおり、ご見学に係るお問い合わせ・お申し込み窓口が変更となります。

■お問い合わせ・ご見学申し込み窓口

【2024年6月30日まで(※)】
東北電力(株)福島支店 
TEL:050-7787-1434
  • ※7月以降のご見学希望分も、6月中は当社で受付します。
【2024年7月1日〜】
柳津西山地熱発電所PR館 
TEL:0241-43-2634

施設概要 リーフレット(PDF)

  柳津西山地熱発電所 PR館
住所 〒969-7322 福島県河沼郡柳津町大字黒沢
見学可能日・時間 火〜金曜日 9:30〜16:00(祝日、冬期間:12月16日〜3月31日は除く) 火〜日曜日 9:30〜16:00(冬期間:12月16日〜3月31日は除く)
予約 原則要
休館日 土日、祝日 月曜日(祝日の場合は翌日)
見学所要時間 約50分(PR館見学を含む) 約30分
申込み・問合せ先 東北電力(株)福島支店
総務広報G
TEL:050-7787-1434
受付時間:月〜金曜日 9:30〜16:00(祝日、年末年始は除く)

個人やご家族のお客さまのご見学につきましては、ご対応いたしかねます。

柳津西山地熱発電所PR館
TEL・FAX:0241-43-2634
(PR館のみの見学の場合)
受付時間:PR館の見学可能日・時間に準じる

団体で見学の場合は1週間前までに電話でお申込みください。

駐車場 有/普通車15台(大型バス駐車スペース有)
備考
  1. 入場無料
  2. 見学時間はご予定に合わせて調整いたします。
  3. 発電所のみのご見学はお受けしておりません。
  4. 館内に飲食施設はございません。
  5. 飲酒状態でのご見学はお断りいたします。

館内のご案内

  1. オリエンテーションコーナー
  2. 斎藤清コーナー
  3. ヒューマンゾーン
  4. キャバーン(地底)ギャラリー
  5. コアシンボル

1オリエンテーションコーナー

地球の構造や柳津西山地熱発電所の開発経緯、仕組み等について説明いたします。

2斎藤清コーナー

柳津町の名誉町民である斎藤清画伯の作品を展示しております。

3ヒューマンゾーン

豊かな自然と深い歴史が根づく柳津の町。このコーナーではタウンマップや歳時記などをパネル化。多彩な町の魅力を伝えています。

4キャバーン(地底)ギャラリー

マグマや地熱発電、ボーリングのしくみを紹介。実際に使用されたボーリングのロッドや地底から掘り出したコアも間近で見ることができます。

5コアシンボル

土色に包まれた空間は地底を再現したもの。10台のモニターと模型で地底のようすと地熱発電の設備について知ることができます。

アクセス

磐越自動車道会津坂下ICから車で約30分


詳しい地図はこちら

GoogleMap

周辺情報

周辺情報

福満虚空藏菩薩圓藏寺

1本の霊木が流れ着いたことから福満虚空蔵尊はできたといわれ、圓蔵寺菊光堂や奥之院弁天堂には厳かな雰囲気が漂います。

やないづ町立斉藤清美術館

柳津町の名誉町民であり、平成7年に文化功労者に顕彰された斎藤清画伯の数々の作品を展示している美術館です。

斉藤清アトリエ館

斎藤清画伯が晩年の10年余、柳津町に拠点を移して愛用した自宅兼アトリエを生前使用したままに公開しています

憩いの館ほっとinやないづ

温泉地ならではの大きさを誇る足湯は歳時記の9ヵ町村の温泉をテーマに、歩く足湯として無料で開放しています

周辺情報リンク
青森
秋田
宮城
福島
新潟
火力発電所
原子力発電所
地熱発電所
水力発電所
街中のPR館