ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

『LoRa無線通信技術』を活用した送電設備の監視に係る実証試験を実施〜山間部における作業員の業務効率化をめざす〜

2018年11月15日

国立大学法人東京大学
株式会社NTTドコモ
東北電力株式会社



 このたび、国立大学法人東京大学(以下、東京大学)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、東北電力株式会社(以下、東北電力)は、見通しが悪い山間部におけるデータの送受信状況等を確認する観点から、『LoRa®無線通信技術』(以下、LoRa)を活用した送電設備の監視に係る実証試験を2018年11月16日(金)から実施いたします。


 LoRaとは、「長距離のデータ通信」や「低消費電力」の特徴を持つ通信ネットワークであるLPWA(省電力広域無線通信技術)の一つで、今回の実証試験は、ドコモが提供するLoRa専用の親機と子機間の放射型データ通信技術(以下、「LoRaWANTM技術」)と、東京大学が2017年に新たに開発したLoRa専用の子機同士でデータを中継伝送する通信技術(以下、「LoRaマルチホップ技術」)を利用して 無線通信を行うものです。


 東北電力では、送電設備(送電鉄塔や送電線など)の監視にあたって、現在は目視による現場パトロールを行っておりますが、特に山間部に設置されている送電設備の場合、現場まで多くの移動時間を要している状況です。


 こうした中でLoRaを活用し、山間部の現場から遠隔地(電力センターなど)に、送電設備の状況(航空障害灯の点灯状況など)に係るデータを伝送することで、遠隔地からでも送電設備の状況の確認が可能となるため、パトロールに伴う現場への移動が不要になるなど、送電設備の監視に係る業務の効率化が期待できます。


 今回の実証試験では、見通しが悪い山間部(3G/LTEエリア外)において「LoRaWAN技術」および「LoRaマルチホップ技術」をそれぞれ用いて、LoRa電波の到達距離を確認するとともに、同電波を使ったデータ伝送の可否について検証します。


 今後、本実証試験の結果を踏まえて、送電設備の監視業務へのLoRaの適用をめざすとともに、LoRaを活用した新たなビジネス可能性を検討してまいります。


*「LoRa」は、Semtech Corporationの登録商標です。
*「LoRaWAN」は、Semtech Corporationの商標です。




「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る