ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

相馬共同火力発電株式会社新地発電所1号機の運転再開について

平成30年 3月 6日

 当社が受電している、相馬共同火力発電株式会社の新地発電所1号機(定格出力100万kW)は、平成30年2月24日から平成30年3月5日の予定で、ボイラー空気予熱器の内部点検・清掃等を実施するため、運転を停止しておりました。

 

 

※空気予熱器・・・ボイラーから出る燃焼ガスの熱を回収してボイラーに送る空気を予熱する装置。ボイラーの排熱を利用しているため、ボイラーの熱効率向上に寄与するもの。

 

(平成30年2月23日お知らせ済み)

 

 ボイラー空気予熱器の内部点検・清掃等の工程が全て終了したことから、平成30年3月5日に運転を再開いたしました。


 
以上


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る