ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

東新潟火力発電所港1号機の運転再開について

平成29年 7月28日

 当社東新潟火力発電所港1号機(新潟県北蒲原郡聖籠町、定格出力35万kW)は、ボイラーからタービンにつながるボイラー高温再熱蒸気管を覆っている保温材の外面から、微量の水の滴下が認められたため、平成29年1月20日より発電を停止し、点検を行ったところ、ボイラー高温再熱蒸気管の溶接部にひび割れが確認されたことから、原因調査および当該管の修理を実施しておりました。

(平成29年1月27日お知らせ済み)

 

 原因調査の結果、ひび割れは長期間の運転に伴い、配管溶接部の金属が劣化したことによるものと推定したことから、当該箇所の配管について取替えおよび修理を行い、7月28日(金)午前9時30分に営業運転を再開いたしました。
 
当社といたしましては、今後も安全を最優先に、発電所の安定運転に万全を期してまいります。

 

※一度タービンで使用された蒸気を、再度ボイラーで加熱し、タービンに送るための配管

 

【東新潟火力発電所の概要】

 

  出力(kW) 

燃料 

  運転開始年月

 1号機

 600,000

 LNG・天然ガス・重原油

 昭和52年4月

 2号機

 600,000

 LNG・天然ガス・重原油

 昭和58年6月

 3号系列

 1,210,000

 LNG

 昭和59年12月(3-1)

 昭和60年10月(3-2)

 4号系列

 1,700,000

 LNG

 平成11年7月(4-1)
 平成18年12月(4-2)

 5号機

 339,000

 LNG

 平成24年6月

 港1号機

 350,000

 LNG・重油

 昭和47年11月

 港2号機

 350,000

 LNG・重油

 昭和50年11月

 

 

以上


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る